神々の飲み物〜イェルバ・マテ

Spread the love

神々の飲み物〜イェルバ・マテ

マテ Yerba mate

マテは「飲むサラダ」と呼ばれるほどビタミン&ミネラルが豊富!茶、コーヒーとならぶ世界三大ティーの一つです。

学名:Ilex paraguayensis

和名・別名:イエルバ・マテ

科名:モチノキ科

使用部位:葉部


 植物分類と歴史

マテは、パラグアイティーと呼ばれるように、南米のパラグアイとブラジル、そしてアルゼンチンの3ヵ国に生育するモチノキ科のハーブです。アルゼンチンでは最もポピュラーな飲みものとして知られています。世界三大ティーのひとつで、肉食の多い南米の人たちのビタミン&ミネラル補給源でもあることから「飲むサラダ」と呼ばれています。マテはカフェインを含む数少ないハーブのひとつ。南米でイエルバ・マテと言えば、日本の緑茶のごとく「ナショナルドリンク」とみなされ、人々にこよなく愛飲されています。現地では、ヒョウタンを乾燥させて作ったシマロンという容器にマテ茶を入れ、先端に茶こしのついた金属製のパイプを差し込んで飲んだりします。またヨーロッパでも「インディオの緑色の黄金」と呼ばれ、珍重されてきました。

   成分ほか

アルカノイド(カフェイン、テオプロミン、テオフィリン)/フェノール酸(カフェ酸、クロロゲン酸)/ フラボノイド/ビタミン(B2、B6、C)/ミネラル(鉄、カルシウム、カリウム)

 安全性と相互作用

安全性
クラス1:適切に使用する場合、安全に摂取できるもの
相互作用
クラスC:相互作用が起こることが知られているハーブ(カフェイン)
*中枢神経刺激薬とカフェインとの併用は過度な中枢神経刺激を引き起こす可能性がある。
(Botanical Safety Handbook 2nd Edition アメリカハーブ製品協会(AHPA)収載)

 学術データ(食経験/機能性)

マテ茶には2種類あります。グリーンマテ茶は、煎茶に近いマイルドな風味。ローストした葉で入れるブラックマテ茶は、ほうじ茶に近い風味です。日本のお茶に似て、さっぱりとしたクセのない味です。冬はホットティーで、夏は水出しのアイスティーで楽しめます。カフェインが気になる方は、水出しで作るとカフェインが溶け出さず、かつさっぱりとした味わいのアイスティーができます。特に夏は汗をかいてビタミンやミネラルが不足しがちなので、マテの水出しは飲みやすくておススメです。

マテリーフのハーブティーが一般的な摂取法です。また、サプリメントとして粉末やエキス粉末の錠剤やカプセル剤に利用されています。

マテにはカフェインが含有されています。妊娠期間中や授乳期間中の摂取は注意が必要です。またカフェンまたはキサンチンに過敏であったりアレルギーがある場合の使用は禁忌です。ただし水出しにすると、カフェインがでないので安心です。

マテ茶はこちらで

heder_banner_online

関連記事

  1. 水出しアイスティーに向いているハーブは?

  2. ヒポクラテスってどんな人??

  3. ビールだけではない!不眠・更年期のハーブ、さらに認知まで!〜ホップ

  4. ネイティブ・アメリカンの秘薬〜体の戦う力を守るエキナセア

  5. 世界最古の薬草系リキュール〜ベネディクティン〜薬草酒の会より

  6. カレンデュラ~クレオパトラも愛した美容オイル