春のストレスにはハーブで適応力をつける!~過敏性腸症候群偏~

過敏性腸症候群って知っていますか?

草花の香りが鼻をくすぐり コートもいらなくなってウキウキ気分☆

春って楽しいな~♪
なんて思っている方ばかりではないこの季節!
会社では新入社員が入ってきたり、人事異動があったり
お子さんのいる方は卒業式や入学式など・・・

別れや出会いの季節で環境の変化が大きく、
バタバタと毎日を過ごし、知らず知らずのうちに
身体は緊張しているのです。

軽い緊張なら良いのですが、緊張が重なり不安やストレスとなり、
身体の不調の一つとして現れることで知られているのが
「過敏性腸症候群 Irritable Bowel Syndrome (IBS)」

ストレスからくる症状で突然おなかにウッときてしまうあれです。最近では、IBSと呼ばれることも増えてきました。
カラダの病気であっても、ストレスによって悪化する病気があります。
それを「心身症」といいます。

胃潰瘍や気管支ぜんそくなどもそうですし、今回のテーマのように、神経性の腹痛や下痢と便器を繰り返す症状のことなどを「過敏性腸症候群」といいます。

この病気の特徴は緊張した場面や、環境の変化などによるストレスが要因になっているということです。
特に症状を治す薬はありませんが、一般的には胃腸薬や下痢を抑える薬、便秘を改善する薬等を飲んでその場をしのぐというケースがほとんどです。

その「過敏性腸症候群」が最も多い時期も実は春といわれています。

春は冬にためこんだエネルギーが一気に発散する季節です。
自然も同じで植物は芽を息吹き、冬籠りの動物たちも永い眠りから覚めて活動を開始します。

実は人間の体もこの自然の摂理にのっとって細胞が活発に活動を始めます。
からだの中では、急激に新陳代謝が活発になります。
特に四季の変化の中で育ってきた日本人は特にその変化が顕著に現れます。

そして日本では春は社会環境も大きく変わる時期です。
卒業と入学、転勤や部署の移動など体の変化に加え、皆さんの環境も大きく変わります。
このような外と内の変化による精神的な不安や緊張が多い時期だからです。

「過敏性腸症候群」でお悩みの方のほとんどが、精神的な症状を併発しています。
たとえば「なんとなくだるい」とか「やる気が起きない」とか「不安を感じて仕方がない」とか。。

結果不眠やいらいら、動悸、手先の震え、腰痛などの症状に出ることもあります。

ではストレスはなぜ起きるのか?

ストレスのもとになる原因(要因)をストレッサーといいます。
そのストレッサーが強いと、人間に与えるストレス状態(ストレスを受けている状態)が強くなります。

人間は多かれ少なかれストレスを抱えて生きています。ストレスには良いストレスと悪いストレスがあります。
良いストレスとはストレッサーに対抗できる体の「適応力」を強化してくれ、ストレスに対する抵抗力を高めてくれます。

かたや悪いストレスはこの抵抗力を弱めるほど強いストレッサーによるストレスということになります。
その状態が長く続くと「心身症」という病気になるわけです。

参照:「機能性消化管疾患診療ガイドライン2014」-過敏性腸症候群(IBS) (PDF) 日本消化器学会  [online]
https://www.jsge.or.jp/files/uploads/IBSGL2_re.pdf

そのため精神療法の分野では、この症状を抑えるには、環境やストレスに対する「適応力」をつけることとしています。
その適応力を高めるためには、メディカルハーブはとても有効です。

適応力を高めるメディカルハーブは?

この精神的な不安定やストレスによる「心身症」に効果的な精神系のハーブがいっぱいあり、多くの科学的証明がなされているメディカルハーブが精神療法の分野では活躍しているのです。

植物の力でストレスに対する「適応力」を高めることはこの時期大切なセルフケアですよ。

たとえば、皆さんにもおなじみのペーパーミントやジャーマンカモミールは精神性ハーブの一つで、「過敏性腸症候群」の予防、緩和に役立ちます。カレンデュラ(マリーゴールド)レモングラス、レモンバームなどは胃腸壁の修復や不調に役立ちます。

ペーパーミントペーパーミント
ペパーミントは頭をすっきりさせると同時に、気持ちを鎮めリラックスさせてくれるハーブです。

ペーパーミントをshopで見る

ジャーマンカモミールジャーマンカモミール
カモミールはストレスや不安を安らげる効果や健胃・鎮痛・抗炎症・消化促進作用などによる吐き気・食べ過ぎ・食欲不振・胃痛・腹痛など消化器系のトラブル緩和で知られています。

ジャーマンカモミールをshopで見る

カレンデュラ(マリーゴールド)カレンデュラ(マリーゴールド)
カレンデュラは、古くから傷の手当てや胃炎や胃かいようなどの症状を緩和するために使用されてきました。

カレンデュラ(マリーゴールド)をshopで見る

レモングラスレモングラス
レモングラスは料理やバスハーブ、虫よけ、消化促進など、様々な用途で使われるエスニックハーブです。

レモングラスをshopで見る

レモンバームレモンバーム
レモンバームは、中枢神経に作用し不安や気分の落込みを改善し、ヒステリーなどの症状を防止してくれます。

レモンバームをshopで見る

また、クラウターハウスのおすすめブレンド「胃の調子がすぐれない方へ」は、
ストレスで弱った胃腸の調子を整えてくれるハーブを中心にブレンドした、この時期のおすすめブレンドです。
ぜひお試しください。

胃腸ケアブレンドをshopで見る

関連記事

  1. 血流促進のブレインハーブ、イチョウ

  2. 人間界と魔界をつなぐ秘密の扉 ニワトコの木〜エルダー

  3. 神々の飲み物〜イェルバ・マテ

  4. ネトルごはんはワカメ風味、スープやリゾットにも!

  5. 胃腸対策とアンチエイジングのカミツレパワー〜ジャーマンカモミール

  6. おじさん、おばさんの味方〜クランベリー

最近のコメント

    過去の記事検索

    error: Content is protected !!