女性の味方、天使のハーブ〜アンジェリカ

アンジェリカは天使のハーブと呼ばれ、風邪や気管支炎、胃腸の不調におすすめです

アンジェリカ Angelica

学名:Angelica archangelica (アンゲリカ アルカンゲリカ)

和名・別名:ヨーロッパトウキ、当帰(とうき)

科名:セリ科

使用部位:根部、花部、葉部、茎部など


leaf3_mini 植物分類と歴史

アンジェリカは天使のハーブと呼ばれ、多くの機能性で知られています。ヨーロッパでは、1400~1600年代に繰り返し大流行した感染症”ペスト”に対して大いに役立った話は有名です。既に1000年以上も前から魔法のハーブとして知られており、葉で首飾りを作って子供にかけて、病気や魔力から守る為に使ったりしていたようです。また中国漢方では、健康になり、元に戻るということから「当帰(とうき)」と呼ばれる植物の仲間です。

日本では「明日葉(あしたば)」と呼ばれるジャパニーズハーブと同じ仲間【学名は違います Angelica keiskei】のせり科の植物です。柑橘系の香りに東洋の香りが混ざったような香りで中世のころは最も重要なハーブとされ、胃液や胆汁の分泌を促し、消化不良や食欲不振の改善ハーブとして使われベネディクト酒やシャルトリューズ酒といったハーブ酒が盛んに作られました。

leaf3_mini 成分ほか

精油(モノテルペン炭化水素類のαフェランドレン、βフェランドレン、αビネン、リモネン)、ビタミンB群(葉酸、ビタミンB12ほか)、フィトステロール

leaf3_mini 安全性基準

クラス2b:妊娠中に使用しない
クラス2d:長時間の直射日光の照射は避ける。(通経作用、子宮収縮作用、光感作作用)主に精油
(Botanical Safety Handbook アメリカハーブ製品協会(AHPA)収載)

leaf3_mini 学術データ(食経験/機能性)

花、葉、茎、根、種の全てに使い道があり、ヨーロッパではアンジェリカが持つ豊かな風味を利用して、料理や香りを楽しむ道具としてもよく使われています。葉を茹でて肉・魚料理の付け合せにしたり、茎をサラダや蒸し焼きにして食べたり、砂糖漬けにしておやつ感覚で食べたり、花・葉・茎を乾燥させて、ポプリや入浴剤を作ったりと様々な利用がなされました。
アンジェリカの鎮静作用や駆風作用はよく知られています。チャイニーズトウキ(中国当帰、Dong Quai、Anjelica)が主に、婦人薬として調合されるのに対し、ヨーロッパトウキは、苦味、芳香性のトニックとして胃液や胆汁の分泌を促し、消化不良や食欲不振を改善するハーブとして用いられ、ハーブティとして服用されています。

「クマリン(フロクマリン)」という成分には、血液やリンパの巡りを良くしたり、血管の詰まりを防止する働きがあります。心臓病、高血圧、むくみなどに効き、身体が温まることで冷え性や肩こりにも有効です。骨盤内の血行も活性化されるので、生理をスムーズに、正常化させるように働き、PMSや生理に伴う下腹部痛・腰痛、生理不順、月経過多、貧血などに優れた効果を発揮します。ホルモンバランスを整えるとも言われます。

leaf3_mini 安全性と相互作用

安全性:クラス2b 妊娠中に使用しない。
相互作用:クラスA  相互作用が予測されないハーブ
(Botanical Safety Handbook 2nd edition アメリカハーブ製品協会(AHPA)収載)

参考図書
「The Green Pharmacy James A Duke著
「The complete New Herbal Richard Mabey著」
「Botanical Safety Handbook アメリカハーブ製品協会(AHPA)編集」
「メディカルハーブの辞典 林真一郎編集」
「ハーブの安全性ガイド Chris D. Meletis著」
「薬用ハーブの機能研究 CMPジャパン(株)編集」
「Fifty Plants that changed the course of History Bill Laws著」
『西洋博物学者列伝―アリストテレスからダーウィンまで』ロバート ハクスリー著
「ケルトの植物」Wolf‐Dieter Storl (原著)
データベース

Proceedings of the National Academy of Sciences
健康食品データベース 第一出版 Pharmacist’s Letter/Prescriber’s Letterエディターズ 編 (独)国立健康・栄養研究所 監訳
米国国立医学図書館 PubMed®

アンジェリカティーはこちらで

heder_banner_online

関連記事

  1. 花粉症をハーブでケア〜春季療法ハーブ

  2. スパイスとハーブの違いってなに?

  3. 賢く美白に!ハーブティーは飲む美白?!

  4. アトピー性皮膚炎について〜あなたはホントにアトピー??

  5. 芸術家たちを魅了した悪魔の酒アブサン〜薬草酒の会より

  6. 気圧痛って知っていますか?