人気のインセンス講座を新宿校でも開催します!

新宿校でインセンス講座開講します!

大宮本校で開催している、インセンスセラピー講座を新宿校でも定期的に開催することになりました。

まずは、試験的に2月に冬の講座を開催します。ぜひこの機会にご参加ください。

2018年インセンス講座

冬の講座 テーマ【新々と春を待つ薫物(香)】

2018年 2/24 (日)10:00-12:00 (定員6名まで)

インセンスとはお香のことです。西洋では香水や精油などにより香り付けされたものをいいます。古くから植物の樹脂、根、葉、樹皮、花を灼いて儀式的に使っていた香りを、煙によって居住空間を浄化・殺菌し、「場の雰囲気を変える」という意味で、日常の習慣にしたものとされています。
東洋の「お香」も「インセンス」もベースは自然の香り。試す価値アリですよ!クラウターハウスでは、東洋と西洋の香りを融合した、新たなリラクゼーションセラピーとして、「インセンスセラピー」を提案します。天然植物の芳香成分のパワーを利用して、心身の調整をしましょう。自然の香りで癒される時間、とても大切です。
クラウターハウスの代表が密かに作っている、西洋のアロマと東洋の香木を使った季節の練香を伝授します。季節のハーブティーもいただきながら、香りの世界に誘います。

<講師メッセージ>
和のお香というとちょっと湿っぽいイメージもあるかもしれませんが、日本の古くから伝わる香を楽しむ文化は、今や世界中に広がり、欧米でも「和の香り」として人気のある趣味の一つでもあります。講座では、東洋の香りと西洋の精油を組み合わせた練香を作ります。皆さんの癒しの時間に使っていただければ幸いです。


和の香り:安息香、乳香、排草香、貝香など
洋の香り:ホワイトセージ、オレンジスイート、ベンゾイン、サンダルウッドなど

冬は陰の氣が高まります。活発に動いていた陽気の盛んな季節から動きすぎず、冷えすぎず、そして静かな環境で穏やかに過ごす。そんな気分で香りたいお香をつくります。
そして、今回のお楽しみは、通常の練香に加えて、印香(いんこう)もつくります。


(写真はイメージです)
「お香」と言われて一般的に想像するのは、火をつけてくゆらせるスティックやコーンタイプのもの。
煙が出るものはお部屋の壁紙が汚れそうだからちょっと…と敬遠する人もいるかもしれませんね。

特に寒い季節はお部屋を閉め切っている事が多いので、気密性の高いマンションでは、より煙が気になることもあるでしょう。
でもお香にはくゆらせずに楽しめるものもあります。「印香(いんこう)」がそれ。


いろいろな形に型抜きしていきますよ。これが楽しいのです・・

粉末状の香木やスパイスを調合して固めたものを、型抜きして、熱した灰の上などで間接的に加熱して香らせるので煙が出ないのです。またネイティブアメリカンの薬草師が好んで使ったとも言われる聖なるハーブ「ホワイトセージ」を燻らせるのにも貝を利用しました。
今回は古の平安人が楽しんだ薫物 で、『枕草子』や『源氏物語』にも出てきた貝の殻を使って楽しむ「空薫(そらだき)」の印香をつくります。

  
(写真はイメージです)

お願い
*エプロンとハンドタオルをご持参ください。



お申込方法

受講料 1回 4,000(材料費・税込4,320)  (定員6名)

*お申込みの際は以下のボタンをクリックして、予約ページにて必要事項をご記入の上、お申し込みください。追って事務局よりご連絡します。

*お申込の際は、必ず受講規約をご確認の上お申し込みください。
受講規約

過去のレッスンはこちらでご紹介しています。