自然の力を健康維持に

top2

代替療法とは

かつて日本の医療は西洋医学中心で、代替療法は治療とみなさないという認識が多くの医師・医療機関の中に存在していました。確かに代替療法に利用される様々な療法・手法の中には、エビデンスが科学的に証明しづらいものも存在します。そのため行政においても、代替療法は保険の適用外であるとはっきりと区別されてきました。

しかし現代は「ストレス性疾患」や「生活習慣病」などのように、何かの医薬品を処方しただけでは解決しない疾病も増えています。また高齢化社会に伴って増える一方の医療費をできるだけ削減する必要性も出てきました。そこで自然の力を利用した代替療法や地域に根付いた伝統的な自然療法を用いて近代医学を補完しようという「代替補完療法」(代替療法)という考え方がクローズアップされるようになってきました。

この「代替補完療法」は「ホリスティック(包括的な)医療」ともよばれ、欧米ではすでに多くの取り組みがなされ、実績をあげています。欧米を中心に世界の医療界では、一人の人間の疾病を一つの医療機関の一つの科が診療するのではなく、あらゆるプロや専門家がさまざまな角度から手段を講じて患者のために力を合わせる「統合医療」の考え方が定着し始めているからです。予防医学の観点からも「統合医療」が今後医学界の大きな潮流になることは間違いありません。そしてその考え方の一端を担うのが「代替補完療法」なのです。

近代西洋医学一辺倒ではなく、さまざまな伝統医学(アラビア医学、インド医学、中国医学など)や代替療法(植物療法や食事療法、あるいはアユルヴェーダ療法や整体、鍼灸)などをその方の症状や体調に合わせて複合させていくという「代替補完療法」。

日本でも遅ればせながら、こうした考え方を唱える医師や専門家の方々が増え、少しずつその輪が広がりつつあります。株式会社ホリスティックハーブ研究所はこの「代替補完医療」の普及・実践に努め、その拠点としての「クラウターハウス」を多くの方々に利用していただく環境づくりをすすめてまいります。

気に入ったらシェアして下さい!Share on FacebookTweet about this on Twitter

おすすめ講座

ページ上部へ戻る