ジャーマンカモミール〜誰もが知ってる万能薬草

ジャーマン・カモミール German chamomile

ハーブの定番とも言え、世界中で使われている薬用ハーブです。

学名:Matricaria chamomilla/Matricaria ricutita
(マテリカリア カモミラ/リクチタ)

和名・別名:カミツレ

科名:キク科

使用部位:花部


leaf3_mini 植物分類と歴史

chamomile2_logo

カモミールはヨーロッパ原産のキク科植物で、オランダ語ではカミツレ、フランス語ではカモミーユと呼ばれる。ハーブとして親しまれているものには、多年草のローマン・カモミール(学名は異なりAnthemis nobilis L )と一年草のジャーマン・カモミールの2種類があり、特にジャーマン・カモミールに胃炎・ストレス・不安・不眠症などへの効能が期待されているハーブ。日本でも、カフェなどでは、ローズヒップと並んで、ハーブティーの代名詞のひとつとなっている。またカモミールを表わす言葉は『可憐な恋』で、乙女のやさしさや純粋さを表わしている。
そのほかの近似種として、以下の種がある。ただし薬用ではない。
ワイルドカモミール/モロッコ(モロカン)カモミール:学名Ormenis Multicaulis/Ormenis mixta
(100cm以上の丈になる場合もあり一年草。花びらの先はハートのようにすこし割れている。花の中心に近い部分が黄色いのが特徴)
ケープカモミール:学名Eriocephalus punctulatus
(ケープカモミールは他のカモミールとは少し違った外見で、一見カモミールとは思えないほど異なる花である)

一般的にカモミールというと、ジャーマン・カモミールを指すことが多く、古代ギリシア語の「地上の(chamai)リンゴ(melon)」から派生された「カマイメロン(chamaelan)」に由来している。そのためか、よくりんごの香りにたとえられる。
俗に、「消化管の健康を維持する効果や抗炎症作用、鎮静作用、抗菌作用などがある」といわれている。使用法も経口摂取、外用、また入浴剤をはじめ、シャンプーやローションに配合されることも多い。
古代エジプト、アラビア、バビロニア、ギリシャ、ローマの自然療法士たちが処方し、のちにシルクロードを通って東洋にも伝わっていった。日本でも古くは江戸時代に伝わり、加密列(カミツレ)薬として、日本薬局方にも第7改正(1962年)まで「カミツレ花」として収載されていた。
古代エジプトでは安眠の薬としてよく用いられたハーブで、あのクレオパトラも安眠の薬として愛用したと言われている。古代ギリシャのディオコリデスは、出産、膀胱炎、肝臓疾患の薬草として、著書に記しているほど歴史の長いハーブ。古代エジプトやローマ時代から痛みの鎮静薬、婦人病の薬として、その薬効が活用され、月経痛などの女性特有の症状の緩和に用いられていたことから、別名「マザーハーブ」とも呼ばれている。
イギリスでは中世から親しまれ、別名が『植物の医師』と言われ、害虫駆除にも用いられていた。中世ヨーロッパの植物療法で有名なヒルデガルトは、カモミール軟膏は「花をつぶしてペースト状にし、バターを混ぜて軟膏を作る」と記した。この軟膏の効果は「カモミールの温性と消炎作用がバターの穏やかな温性と結びついて痛みを和らげる」と考えられる。

leaf3_mini 成分ほか

精油(αービサボール・カマズレン)、マトリシン、フラボノイド(アピゲニン・ルテオリン)など

leaf3_mini 安全性基準

クラス1:適切に使用する場合、安全に摂取できるもの
(Botanical Safety Handbook アメリカハーブ製品協会(AHPA)収載)

leaf3_mini 学術データ(食経験/機能性)

chamomile3ジャーマン・カモミールには様々な機能性があり、ドイツではコミッションE (ドイツ連邦保健庁の薬用植物の評価委員会として1978年に発足。現在は医薬品医療機器連邦研究所(BfArM)に属する。) で治療目的での使用が承認されている。
心身をリラックスさせるとともに消炎作用を発揮するため、ストレスによる胃炎・胃潰瘍や不眠、それに冷え性や生理痛などの婦人科の症状に用いられる。成分のアピゲニンには鎮静、鎮痛、解熱などの作用があり、不眠症や貧血、風邪の初期症状などを緩和する。どこの国でも「緑の薬箱」の定番ハーブになっているが、平滑筋(血管、気管、腸管、胃、膀胱、子宮などの臓器壁を構成している筋肉の一種で不随意筋)を落ち着かせる効果があるため、ストレスからくる腹痛、胃痛、生理痛等に効果を発揮する。特に冷え性や生理痛、生理前症候群など婦人科系の症状に対する穏やかでしかも確実な効果は知られている。
また食べ過ぎや胃がきりきりした時などに有用である。「体の中の痛みを和らげる力を創造主はカモミールに授けた」とケルト人に言わせたカモミールは、「お腹の調子が悪いかも。」と思ったときのハーブの救世主だ。
今日では、アズレンを含む精油成分がカマズレンに変化していくことで抗炎症、鎮痛、鎮痙などに関与することがわかっている。その臨床研究は 1930 年代にベルリンの薬理学者ヒューフブナーらが精油成分である、アズレンに優れた消炎作用が認められたことに端を発する。また成分のカマズレンの消炎作用やアピゲニンの鎮静効果は風邪や不眠、イライラなどの症状を緩和するなどに期待できる。ほかにも花を煮出して作った入浴剤は筋肉痛や疲労をほぐし、肌荒れやリウマチの緩和にも利用されている。さらにフラボン、苦味質、タンニン、クマリンなど多くの有効成分が重要な治癒物質を含んでいることが、この植物が古の人々の胃や腸の薬となり、炎症を起こした粘膜を修復してきた歴史を物語っている。
かたやローマン・カモミールはジャーマン・カモミールと異なり、アンゲリカ酸エステルなどの鎮静成分が知られ、ハーブティーよりは精油がアロマテラピーなどの植物療法としてよく利用されているが、昨今では成分のカマメロサイドが糖化により生成されるAGEs(最終糖化生成物)の一部である、3DG、CML、ベントシジンの生成を阻害する効能が研究され、アンチエイジング素材としても注目されてきている。

leaf3_mini 安全性と相互作用

*キク科アレルギーの人は注意が必要。
*相互作用は特に知られていない。

参考図書
「The Green Pharmacy James A Duke著
「The complete New Herbal Richard Mabey著」
「Botanical Safety Handbook アメリカハーブ製品協会(AHPA)編集」
「メディカルハーブの辞典 林真一郎編集」
「ハーブの安全性ガイド Chris D. Meletis著」
「薬用ハーブの機能研究 CMPジャパン(株)編集」
「Fifty Plants that changed the course of History Bill Laws著」
『西洋博物学者列伝―アリストテレスからダーウィンまで』ロバート ハクスリー著
「ケルトの植物」Wolf‐Dieter Storl (原著)
データベース

Proceedings of the National Academy of Sciences
健康食品データベース 第一出版 Pharmacist’s Letter/Prescriber’s Letterエディターズ 編 (独)国立健康・栄養研究所 監訳
米国国立医学図書館 PubMed®

どんな風味?
chamomile_logoキク科独特の苦みはありますが、香りはフルーティーでリンゴに似ていて、とてもよい香りと甘酸っぱく果実を思わせる風味が特徴です。
ティーを淹れる際は、抽出時間を4,5分を目安に淹れます。量が多いと苦くなるので注意しましょう。また5分以上淹れるとえぐみなどが出る為、苦手な場合はそれ以前に出し切るようにします。また茎部分が多いとハーバルな香りが強くなります。

おすすめブレンド
おすすめのブレンドは、ミントとのブレンドが有名です。胃がしくしくするときや二日酔いなどで胃が疲れているときなどにもおすすめです。そのほか、ローズヒップ、レモングラス、ルイボスなどとのブレンドも良いですよ。
こんな使い方もありますよ!
浸出液(ハーブティー)は湿布に使えば傷や湿疹、やけどの治りを早めます。暑い季節は、あせものケアや赤ちゃんのおむつかぶれにもおすすめです。また目の疲れにも、冷たくした浸出液をガーゼに浸したアイパックがおすすめで、これはヨーロッパで古くから伝わる民間療法です。
またマカダミアナッツやアーモンドオイルといった植物オイルに浸して、浸出油(インフューズドオイル)を作っておくと、お肌のトリートメントや、ミツロウを使ってクリームに仕上げることもできる手作り化粧品の材料としても使えますよ!
傷の手当にも効果的なオイルができます。ぜひお試しください!

カモミールティーはこちらで

heder_banner_online

気に入ったらシェアして下さい!Share on FacebookTweet about this on Twitter

おすすめ講座

ページ上部へ戻る