【講座申込】原宿校ハーブティーブレンド・マイスター養成講座

Spread the love

クラウターハウス原宿校ハーブティーブレンド・マイスター養成講座 第2期のご案内

原宿校第2期は、2018年8月のマイスター試験に対応したクラスになります。
ぜひあなたも本格的な資格である、マイスターを目指しませんか? 1期生はすでにマイスターとして活躍されています。

 ハーブティーブレンド・マイスター養成講座ではどんなことが学べるの?

クラウターハウスが提供するハーブティーブレンド・マイスター養成講座はハーブティーの奥深さを理解し、かつ科学的な視点で熟知し、ブレンド技術や他のドリンク・素材に対する深い知識をもとにハーブティーの普及に寄与できる専門家であるマイスターを目指す方向けの養成講座です。知識講座と実技講座の2部制になっています。
ハーブティーブレンドマイスター協会のハーブのプロフェッショナル資格であるマイスター資格は、紅茶・日本茶・中国茶などの茶葉マイスターや食品科学のプロ、お料理のプロなど、ハーブティーを美味しく飲むために必要な知識とスキルを持ったプロフェッショナルが作成した本格的な専門カリキュラムをさらに充実させてハーブティーを淹れるノウハウをぎっしりお伝えします。実習もふんだんに取り入れて、ハーブティーをテイスティングする、深い関連知識を得ることに重きをおいた講座です。

対象:現在ハーブティーブレンドアドバイザー資格をお持ちの方もしくは、取得に向け勉強中の方
*マイスター試験自体はアドバイザー資格保持者の方が対象になります。これからハーブティーを学びたい方は、マイスター講座の受講中に、並行してアドバイザー試験も受験していくことをお勧めします。

受講料
実習費等:
受講料288,000円の他に実習材料費50,000円が必要となります。知識編・実技編ごとでの精算も可能です。

知識編(全24単位) 受講料192,000円(税込207,360) 実習材料費20,000円(税込21,600)
実技編(全12単位) 受講料96,000円(税込103,680) 実習材料費20,000円(税込21,600)

*全単位分をまとめてお支払いいただけると授業料を18,000円割引させていだきます。
受講料(知識編+実技編全36単位)と実習費含む338,000円(税込365,040)
のところ、320,000円(税込345,600)になります。

*受講に際しては協会の公式検定テキストが必要です。受講料と別になります。
その他マイスター教材は受講料に含まれます。


ハーブティー検定テキスト購入はこちらで。

*修了時間については、実習や進捗によっては多少の延長があり得ますので、お時間には余裕を持ってお越し下さい。

 さらに素敵なプレゼント!


講座をお申込みいただいた方には、クラウターハウスで発行している「メディカルハーブのお料理レシピブック」のPDFをもれなくプレゼントします!とても綺麗なムック本です。PDFなので、スマホやタブレットで見ることもできます。
ぜひメディカルハーブを使った四季折々の素敵なお料理を作ってみませんか?


<現在募集中の講座>


日曜集中クラス(14:00-18:00 休憩含む)
2コマづつ集中して学ぶクラスです。隔月で約10ヶ月かけて、じっくり、知識編と実技編を学びます。
2018年8月の筆記試験、その後の実技試験(実技編終了後に改めて個別の試験が協会にて行われます)に対応する講座です。

定員6名開講決定しました。まだお席はございます。12月いっぱいは途中参加可能です

日程:知識編 2017年12/17、2018年1/7、1/21、2/4、2/25、3/11、3/25、4/8、4/29、5/13、5/27、6/10
実技編 6/24、7/8、7/22、8/5、8/26、9/9 
の合計18日間です。

またお申込の際は、必ず受講規約をご確認の上お申し込みください。
受講規約


 ハーブティーブレンド・マイスター養成講座の概要

*具体的には以下のようなカリキュラムを準備しております。(全36単位の予定)

知識習得カリキュラム

知識編

1章 ハーブティーと茶葉の歴史

西洋のハーブ(薬草)の歴史と中国に端を発するチャの歴史が近代に融合し、現代に受け継がれていくまでの歴史を知りつつ、人間とチャの関係、薬草(伝統療法)と趣向品としての茶葉の関係性を理解します。

2章 農産物としてのハーブ(栽培方法・農法など)

ハーブという植物を農産物として捉え、植物の栽培方法、チャの栽培法(ハーブ、日本茶、紅茶、中国茶・その他)などの製法や農法について理解深めます。また日本と諸外国の茶葉栽培の違いや減農薬農法、自然農法(自生)、有機農法、従来農法などの特徴を理解します。

3章 ハーブの加工方法(焙煎方法・乾燥法・カット法)

現在市販されているハーブティーの加工法を知り、他の加工茶葉との特性の違いを理解します。
茶葉の種類と特徴(紅茶・日本茶・中国茶・その他世界の茶葉)、発酵と不発酵、殺菌と焙煎法概論
仕入れ・購入方法、販売・保存方法についても学びます。

4章 ハーブ&スパイスティー各論

検定対象ハーブやマイスター対象ハーブの ”種類・部位別/用途・機能別分類(主要ハーブ各論)、分析チャート&ティスティングシートをもとに自分なりの分析を行います。味・香り・色を左右するハーブや代表的なフレーバー&スパイスについても学びます。

5章 ハーブの味と香りと色の種類

味(味の基本・4基味と旨味)を構成する植物成分を知り、味と香りのメカニズムとしての味覚・嗅覚・テクスチャ等の重要性を学びます。また、嗜好性 を高めるフレーバーと色の重要性についても理解します。加えて抽出温度の違いによる味や香りの変化や酸味と苦味の使い分けといったノウハウも学んでいきま す。

6章 ハーブとスパイスの食品科学(基礎栄養学とフィトケミカルズ)

食品としてのハーブ&スパイスの基本知識と食品科学概論や体内動態(ハーブ成分の体内への働き)とメカニズムを理解し、ハーブティーの成分の機能性を学びます。加えて食品成分を科学的に理解するとともに嗜好性を高める事の重要性を学びます。また食品添加物概論(味と添加物、色と添加物、香料と添加物)なども学びます。

7章 茶葉の食品表示と関連法規

食品に関係する法規の概論を学びます。
食品六法とは?関連法規総論(薬事法と健康増進法)、安全に関する法(JAS法・安全基本法・食品衛生法)
販売に関する法(景表法・特定商取引法)、輸入に関する法(茶葉の輸入・通関)、製造に関する法(小分け販売・有機茶葉のブレンド・有機JAS)といった関連法規と消費期限と賞味期限などについて学びます。

8章 ハーブティーに合わせる他の飲み物(アレンジティー)

ハーブティーと相性の良い他の茶葉や、世界の飲み物の概要を理解し、ティーアレンジの考え方や、代表的なアレンジメソッドを学びます。チャノキ概論(中国茶・日本茶・紅茶)とスパイス概論、世界の飲み物など。

9章 ティーセラピー論

ティーを淹れることで、相手の心ケアや身体の健康維持のために役立つハーブティーのセラピーについて学びます。ハーブの持つ、心身への働きを理解し、心と体の健康を提案できるスキルを学びます。

10章 テーブルマナー論

ティータイムとティーカップの種類と歴史(ハーブに合う食器とは?)や茶文化(中国)~西洋喫茶の始まり
英国産陶磁器誕生〜健康ティーのスタイルなどを学びながら、ティー茶会などの演出のポイント(コーディネーション)、ホスピタリティーの基本を理解します。

実技編

11章 ブレンドメソッドとアレンジ

ティーの入れ方基本と応用
シングルハーブティー(フレッシュ&ドライ)
ブレンドハーブティー
フレーバーレッスン
他の茶葉との組み合わせ(紅茶・緑茶・中国茶)
香りを楽しむブレンド
レシピ&アレンジ
ハーブティに合う料理とスィーツ レシピ
ハーブを使ったお料理レシピ
ハーブとドリンク(ソフト・アルコール)
テーブルコーディネーション
定番レシピ集(協会オリジナル)
テイスティング
オリジナルブレンドレシピ
オリジナルティーアレンジ

12章 ディスカッションテーマ

ティーセラピー論
自分流おもてなし

修了式

 

関連記事

  1. 【講座申込】大宮校 ハーブティー検定対応講座

  2. 【講座申込】新宿校 ハーバルプラクティショナー講座

  3. 【講座申込】ハーバルプラクティショナー試験対応直前対策講座

  4. 【講座申込】シニアハーバルセラピスト直前対策講座

  5. 【講座申込】ハーブティー検定認定実技講座

  6. 【講座申込】ハーバルセラピスト直前対策講座